【MOVED×宇治市】高校生向け「宇治市未来キャンパス2021」

京都府宇治市の委託を受け、未来の人材育成やふるさとの愛着醸成に向けた高校生向け「宇治市未来キャンパス2021」の参加者募集を開始します。本プログラムは主に宇治市内在住または、宇治市内及び周辺地域の高校に通う学生を対象にしたもので、2021年8月21日(土)から3月19日(土)までの全8回を予定しています。

株式会社MOVEDメンバーが講師を務め、起業や多様な働き方といった実体験を学んでもらいます。多様な働き方に触れることや起業・事業創出を行うワークショップを通じて、コミュニケーションスキルやプレゼンスキルなど、将来に役立つスキルを楽しみながら学習してもらいます。これらの体験を通し、既存の働き方にとらわれずにチャレンジできる素地を養うことを狙いとしています。
また、宇治市をテーマにビジネスアイデアを具現化する機会を設けます。宇治市を知り・考えることで地元への愛着を育み、若者の定住と市の活性化へとつなげることを目指します。

「宇治市未来キャンパス2021」背景と目的

日本では起業する割合が欧米に比べて少ない状況です。その要因として、独立起業をする・自営業で働くといった働き方をしている人が周囲にいない、そもそも「起業」ということを選択肢に考えていない、親が起業への理解を示さない、といったことが考えられます。宇治市においては、若者が大学への進学および就職時に宇治市外に転出することが大きな課題となっています。
「宇治市未来キャンパス2021」では、起業や多様な働き方を学んでもらうことで、将来社会に出る際の選択肢を広げ、新しいことに挑戦できるようになってもらうことを目的としています。同時に、高校生が起業・事業創出を行うワークショップに参加することで、学校生活や日常生活においても自分の夢や希望の実現に向けて目標を設定し、自分の考えを持つとともに相手の意見を聞きながら挑戦する力を育むことも目指します。
子どもたちがこれからの社会を「生き抜く力」を身につける機会を創出するプログラムです。

「宇治市未来キャンパス2021」概要

多様な働き方を実践しているMOVEDメンバーによる講義、宇治市を知るワークショップ、プレゼン研修などを通して、多様な働き方を実現するために必要なマインドセットとスキルを身に付ける内容。その全ては座学ではなく体験型ワークショップを導入し、チームビルディングから事業立案、プレゼンテーションまで、起業をリアルに体感します。課題解決能力、仕事における価値観の発見を軸に、様々な体験学習を通して自分たちの未来を創るための資質を高めていきます。学習した内容のアウトプットの場として、​「宇治市」をテーマとしたビジネスプランの発表にもチャレンジしていただきます。

この記事を書いた人
MOVED編集部

MOVED編集部

Ranking 人気記事