株式会社MOVED、総務省が実施する令和2年度「テレワーク先駆者百選」に認定
全従業員がフルリモートワークというワークスタイルを推進

株式会社MOVED(本社:東京都大田区、代表取締役:渋谷雄大)は総務省が実施している令和2年度「テレワーク先駆者百選」において、テレワークの導入・活用を進めている企業として選定されました。

テレワーク先駆者百選とは

「テレワーク先駆者百選」とは、総務省が時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークの普及促進を目的として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」とし、その中から十分な実績を持つ企業等を「テレワーク先駆者百選」として公表するものです。

テレワーク先駆者百選 総務省による報道発表▼
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu18_02000001_00006.html

弊社のテレワークに対する取り組み

弊社は会社のビジョンに「誰もが自己実現できる社会へ」を掲げ、創業時からオフィスを持たずに全従業員フルリモートで業務を進めています。

ITツールの導入を積極的に進め、業務に関するあらゆる情報を共有できる環境を構築。誰がどのような仕事をどこまで進め、今何をしているのかが分かるようにしています。そのため、住んでいる場所から転居することなく、全国各地・海外の好きな場所から仕事に取り組むことができます。

テレワーク下で組織の一体感・価値浸透をもたらすため、代表取締役が音声にて「しぶラジ」を配信。また、組織づくり・風土づくりの一助として、ランダムに組み合わせたメンバー同士で1on1オンラインミーティングを開催しています。 顧客マスタ、請求管理、案件管理、議事録、等業務で必要なものはすべてkintoneを利用しクラウド上で一元管理。月別の売り上げや案件のステータスがすぐ分かるようにグラフ化されています。ペーパーレス化が徹底され、業務の効率化に繋がっています。

この記事を書いた人
MOVED編集部

MOVED編集部

Ranking 人気記事