MENU

NEWS

代表の渋谷が特別非常勤講師に就任し、青森県の高等学校にてプレゼン講座を開催

2023.11.24|お知らせ

プレゼンテーション 教育

代表の渋谷が特別非常勤講師に就任し、青森県の高等学校にてプレゼン講座を開催

2021年・2022年に引き続き、青森県立三本木農業恵拓(さんぼんぎのうぎょうけいたく)高等学校にて、代表の渋谷がプレゼン講座を担当しました。

また昨年に引き続き、青森県教育委員会から、特別非常勤講師の辞令をいただきました。

プレゼンテーション講座の目的

「探究型学習」のカリキュラムの一環として、プレゼンテーション講座を実施。これにより、各学生が研究を進めた内容を最終発表会の機会により分かりやすく発表できるようにすることが目的です。

また、相手に伝わる発表の方法を身につけ、今後に活かすことを目指します。

プレゼンテーション講座の内容

青森県立三本木農業恵拓高等学校 普通科 1年生、2年生に向けて開催された今回の講座。

まず、2年生向けに、昨年の講座の復習から始め、相手に伝わるストーリー作りや、原稿に頼らない発表のポイントについて講義を行いました。その後、2年生が最終発表会に向けて制作中のプレゼン資料を見て回り、アドバイスを提供。

2年生の講義を終えた後、初めて受講する1年生向けに、伝わりやすい資料作成のポイントについて講義をしました。その後、1年生が最終発表会に向けて制作中のプレゼン資料を見て回り、アドバイスを提供しました。

担当の木村先生からのコメント

アンケートの回答者

本校普通科が2年前にスタートしてから「総合的な探究の時間」で渋谷さんにプレゼン研修をお願いしています。毎年この研修を生徒が受けるとプレゼンが見違えるように変わります。今年も、研修後には生徒のスライドが劇的に変わりました。

また、今年の講義では渋谷さんがプレゼンを実演なさる場面もあり、「プロのプレゼンはすごい!」と感動しました。来年もまたお願いし、普通科の生徒全員がプレゼンに対する意識を高め、スキルが身に付くようにしたいと思います。

INFORMATION

【記事製作者】

いうと

【この製作者の記事を見る】

記事一覧

【関連タグ】

プレゼンテーション 教育

SHARE!

前の記事へ

プレゼンテーションにおけるタイトルの重要性

次の記事へ

人は見られているけど見られていない/ハタデザ!ぶっちゃけnight 

PICK UP

NEWS記事一覧へ