MENU

Twitter Facebook YouTube peatix

NEWS

bool(false)

熱い想いを伝えられるように/株式会社un.湯浅一也 様 研修事例インタビュー

2022.01.21|プレゼン研修・支援の実績

熱い想いを伝えられるように/株式会社un.湯浅一也 様 研修事例インタビュー

株式会社un.代表、湯浅一也様のプレゼン研修の事例インタビューを紹介します。既に登壇経験をお持ちの湯浅様がこの度プレゼン研修を受講するに至ったきっかけを伺いました。
【担当:櫻井飛鳥】

社名: 株式会社 un.
業種: 訪問美容業
公式サイト:https://c-b-un.com/
株式会社un. 様は、訪問美容サービスを提供されています。
自宅・介護施設・病院等にいらっしゃる疾病・怪我・精神疾病・ご高齢・妊娠育児中などで
外出が困難な方の元へ訪問し、まるで美容室にいるかのように満足のいくサービスをされています。
また、家事代行を軸としたライフサポートサービスもなさっています。

櫻井
今回は、株式会社un.の湯浅様にプレゼン研修を受けていただきました。早速その感想を伺って参ります。では湯浅様、まずは会社の紹介からお願いいたします。

湯浅様
株式会社un.を運営している湯浅一也と申します、株式会社un.は訪問美容事業をメインとしておりまして、疾病や怪我、高齢や妊娠中などで外出が困難な方、そして病院介護施設に美容サービスを提供する会社となっております。今年8月から家事代行事業をスタートしまして、そこで生活のサポートも今後行うつもりで会社を経営しています。

櫻井
ありがとうございます。今回湯浅様はあるイベントに登壇するという機会があり、そこでプレゼン研修を紹介されて、研修を受けることになったとのことですが、紹介を受けた時にプレゼン研修を受けてみようと思ったきっかけなどはありましたか?

湯浅様
はい。私自身、講師の活動やイベントでの登壇等を行っていたのですが、改めてプレゼンの研修というものを受けたことがなかったので、そこで興味本位で応募させていただきました。

櫻井
なるほど、興味本位でまず受けていただいたんですね。元々講師の経験などもおありだということですが、受講前にご自身の課題などは感じていらっしゃったのでしょうか?

湯浅様
様々な課題がありました。まずは伝えたいことがありすぎて、言葉が結構つまずいてしまうとか、無駄な言葉が増えてしまって逆に伝わっていないんじゃないか、という点です。あとは自分自身、結構熱量を込めて伝えることを大事にしていたんですけども、熱くなりすぎてしまうんですよね。10分ぐらい伝えていると、最後にはもう疲れてしまって、もしかしたら聞いている人たちも疲れているんじゃないかと思うことがあったので、そういった点が僕自身の課題だったと思います。

櫻井
そうだったんですね。では、受講後にそういった課題などに変化は感じられましたか?

湯浅様
そうですね。改めて僕自身、研修内でも実際に「松岡修造さん並みの熱量」で伝えていたことに気づきました。熱いのは良いことですが、ずっとその調子が続くと自分自身も聞いている人たちも疲れてしまうんですよね。この研修では、伝える内容の大事な部分に抑揚を使ったり、アクセントを付けたり、身振り手ぶりを使ったりするといった今まで自分が持っていなかった伝え方のスキルを見つけられたと思います。

櫻井
ありがとうございます。色々な変化を感じていただけたかと思うんですが、正直なところ、その研修を受けている途中はいかがでしたか。大変でしたか?

湯浅様
そうですね。自分の登壇に対して反応してくださることがまず初めてだったということもあり、正直恥ずかしいという気持ちもあったんですが、続けていくと「自分にこういうところが足りないから次はこうしよう」といった熱い気持ちが生まれて、より一層変化していきたいという気持ちになりました。結果、そのプレゼンが上手になるために必要な要素をくみ取ることができて、本番の登壇でも上手くいくようになったのだと思います。

櫻井
ありがとうございます。私も実際に研修を通じて湯浅様ならではの強みを一つ掴んでいただけたと感じました。ではその研修で得たスキルを踏まえて、今後こういうことをしていきたいという目標はお持ちでしょうか?

湯浅様
そうですね。実際にこの研修を受けた後に、例えば企業さんとの商談をする時に本当に自分が伝えたいことをしっかりと相手に伝えることができて、その商談自体もうまくいったという事例も生まれました。また、僕がYouTubeで発信する時や様々な人と出会った時に、自分のビジョンを伝えることによって、それを聞いた方が私の会社や私自身にコミットしたいと思ってくださって入社するという事例も増えたので、私は今後もどんどんこのスキルを生かして発信をして、皆さんにワクワクを感じてもらって、様々な方々と色々なチャレンジをしていきたいと思っております。

櫻井
ありがとうございます。湯浅様の持つ、熟考して実現させる行動力の強さや熱さは多くの人が既に知っていると思いますが、今後はその内に秘めた優しさや人柄の良さもぜひたくさんの方々に伝えていただけたら嬉しいです。湯浅様はすごくいい方なので、たくさんの方々に変わるきっかけを掴んでいただけたら幸いです。

では最後に、これから『つたわるプレゼン研修』を受けてみようかなと悩まれている方に対してメッセージをお願いいたします。

湯浅様
商談や社内のプレゼンなど、様々なイベントでちょっと自分が発信することに対し自信がないという方にはもちろんおすすめですし、僕みたいに色々な登壇をしていても実際に指摘されたことがない方にもおすすめします。「最高でしたよ」と言われるのが当たり前な環境でも、実際はそう思っていない人もたくさんいるんですよね。そんな中で、もっとレベルアップをしていきたいと思ってる人はぜひプレゼンの研修を受けることをおすすめします。

櫻井
ありがとうございます!またここで一つきっかけを掴んでいただけるような声をたくさん聞かせていただきました。湯浅様、この度は本当にありがとうございました!

湯浅様
ありがとうございました!

▼事例インタビュー動画はこちら

INFORMATION

【記事製作者】

MOVED編集部

【この製作者の記事を見る】

記事一覧

SHARE!

前の記事へ

法政大学国際高等学校にてプレゼンテーション講演会を行いました

次の記事へ

医療介護kintone活用セミナー 導入事例と導入課題

PICK UP

NEWS記事一覧へ