MENU

NEWS

プレゼンテーションにおけるタイトルの重要性

2023.11.25|つたわるプレゼン

プレゼンテーションにおけるタイトルの重要性

プレゼンテーションは贈り物。聞き手の理解を得るだけでなく、聞き手に行動してもらうことが目的となります。聞き手を行動へと導くプレゼンテーションを行うためには、プレゼンテーションのタイトル付けが重要となります。タイトルはプレゼンテーションの始まりであり、聞き手とのコミュニケーションの始まりでもあります。タイトルが魅力的でなければ、プレゼンテーションへの印象が変わるだけでなく、聞き手がプレゼンテーションを聞こうといった意欲にも影響を及ぼします。
この記事では、プレゼンテーションのタイトルがなぜ重要なのか、そして効果的なタイトルを作成するための方法について詳しく説明します。プレゼンテーション成功の鍵は、そのタイトルにあります。

プレゼンテーションにおけるタイトル、なぜ重要なのか

プレゼンテーションのタイトルは、聞き手に最初に与えられる情報であり、プレゼンテーションの成功を左右する要素の1つです。

1.聞き手の関心を引く

適切なタイトルつけることで、聞き手の関心を惹きつけることができます。プレゼンテーションが始まる前から、期待を抱き、参加する意欲を高めることに繋がります。魅力的なタイトルは、聞き手を引き込み、プレゼンテーションの成功への第一歩となります。

2.内容を要約する

適切なタイトルはプレゼンテーションの内容を簡潔に要約する役割を果たします。聞き手にプレゼンテーションのテーマや目的を明確に伝えることができます。逆に、曖昧なタイトルは混乱を招き、伝えたいメッセージが伝わりにくくなります。

3.印象を良くする

適切なタイトルは、プレゼンターやプレゼンテーションの印象や信頼を向上させます。

ではどのようにプレゼンテーションタイトルを考えるか

ではプレゼンテーションにおけるタイトルはどのように考えればいいのでしょうか。
タイトルを考える際に、以下のポイントを意識しながらタイトルを考えます。これらのポイントを意識することで、プレゼンテーションの目的に合致し、ターゲットオーディエンスに訴求力のあるタイトルを作成できます。

プレゼンテーションのタイトルを考える

1.プレゼンテーションの目的を明確にする

まず、プレゼンテーションが何を伝え、聞き手にどのような行動を期待しているのか、といったゴールを明確にします。
何を達成しようとしているのかを把握することは、どのようなタイトルを設定するか決めるのに役立ちます。プレゼンテーションが情報提供、説得、啓発、教育、娯楽など、どの目的を持つかによって、タイトルが異なります。

2.聞き手について知る

プレゼンテーションの聞き手に合わせて設定します。聞き手の属性に合わせて、タイトルの言葉やスタイルを調整します。聞き手の興味や期待に合致するタイトルを作成するために、聞き手は専門知識があるのか、興味関心はどういったところにあるのか、所属している業界や業種などをまず把握しましょう。分かった上で、聞き手にあうテイストの言葉を使用し、タイトルを考えます。
例えば、ビジネスプレゼンテーションであれば、「経営者向けの戦略提案」といった具体的に「経営者」といった対象を示します。

3.キーワード、最も伝えたいことは何か

プレゼンテーションにおいて最も伝えたいメッセージを設定します。何かキーワードを一つ選び、タイトルに反映させましょう。たとえば、プレゼンテーションが新サービスの発表である場合、最も伝えたいことはそのサービスのメリットや独自性かもしれません。「○○○が叶う新サービス」といった具体的な表現を使い、タイトルに組み込みます。

4.タイトルの長さを考慮する

タイトルは簡潔なものにします。一般的に、人が瞬時に認識できる文字数は13~15文字程度だと言われています。少ない人だと9文字程度も言われています。それ以上の文字数であれば、文章として読まないと理解ができなくなります。短くても記憶に残るタイトルを目指しましょう。

5.聞き手に行ってほしい行動を考える

タイトルに聞き手にどのような行動を期待しているかを含めます。
例えば、プレゼンテーションが新しいアイデアの発見に関連している場合には、タイトルに「探索」といった動詞を含めることができます。また、複雑な技術や概念を説明するといった場合には、タイトルに「理解」「分かりやすい」という動詞を含めることができます。
以下は一部の例です。
・説得の目的: 購入、支持、賛同、参加、投票
・啓発の目的: 感動、共感、行動、協力、支援
・教育の目的: 学び、理解、実践、適用、習得
このように、プレゼンテーションの目的やコンテンツに合わせて、聞き手に期待する行動を示す動詞をいれるようにします。

6.同僚や友人からのフィードバックを受ける

最終的なタイトルの候補を同僚や友人に見せ、フィードバックを求めましょう。他社の視点からの意見は貴重です。フィードバックを考慮に入れながら、最終的なタイトルを選定します。

具体的なプレゼンテーションタイトルの例

プレゼンテーションのタイトル

聞き手は、このプレゼンテーションを聞いた結果、どのようなメリットを得られるのか・どのように変われるのか、といった自身のメリットを探りながらプレゼンテーションを聞いています。タイトルを通じて聞き手が得られる利益を伝えることが、彼らの関心を引くことに繋がります。
また、新しい情報がプレゼンテーションに含まれている場合、その情報も伝えます。人は新しい知識や情報を求め、探し求める傾向があります。新しい情報をタイトルに含めることで、聞き手の興味を引きつけ、彼らをプレゼンテーションに引き込むことができます。
聞き手が「難しそう」「めんどくさい」と思えば、どんなに素晴らしいタイトルだとしても、受け入れてもらえません。競合や類似サービスと比較して、操作や作業が簡単な場合、その点も強調しましょう。
特に商品やサービスの比較検討に関わるプレゼンテーションの場合、コストは聞き手にとって非常に重要な要素となります。コストを抑えることが可能な場合には、そちらも伝えます。
タイトルはわかりやすく簡潔なものを設定します。冗長な言葉や複雑なフレーズを避け、要点を的確に伝えることを意識しましょう。
以下はこれらを踏まえた具体的なタイトルの例です。
「今日から実践できる、生産性を高める10のコツ」
「言葉ひとつで劇的変化!オフィスの雰囲気がかわる!」
「驚きの〇キロ減も!?人生を変えるダイエット術」
「業界最安値プランの登場」
これらのタイトルは、テーマや目的を明確にし、聞き手の得られる情報やメリットを示しています。プレゼンテーションの内容に合わせて要素を組み合わせ、魅力的で効果的なタイトルを作成しましょう。

また、タイトルに疑問符を使用して問いかけや問題提起を含めることも有効です。
例えば、「2024年のエネルギー戦略~どのようにアプローチで持続可能性を確保できるか?~」などの問いかけが聞き手の興味関心を惹きつけます。

まとめ:プレゼンテーションのタイトル、聞き手の心に届ける

今回は、プレゼンテーションタイトルの重要性と、効果的なタイトルを作成するための方法について詳しく説明しました。魅力的なタイトルを用いることで、聞き手の関心を引き、プレゼンテーションを成功に導くことが可能です。
どんなにプレゼンテーション内容が素晴らしくとも、タイトルが微妙であれば、聞き手とのコミュニケーションの始まりがスムーズにいかなくなってしまいます。
プレゼンテーションは贈り物。聞き手に価値を提供し、行動を促す目的を忘れずに、魅力的で効果的なタイトルを作成しましょう。タイトルはプレゼンテーションの入り口であり、聞き手の心に響く鍵となります。


プレゼンで使える話し方、練習方法など、プレゼンにおいて今日から使えるチップスはこちらの記事にてご紹介しております。

INFORMATION

【記事製作者】

鈴木未紗

【この製作者の記事を見る】

記事一覧

SHARE!

前の記事へ

株式会社MOVED、SMBCグループとみらいワークスが共同運営するシード期企業向けのアクセラレーションプログラムにおいてアドバイザリー契約を締結

次の記事へ

代表の渋谷が特別非常勤講師に就任し、青森県の高等学校にてプレゼン講座を開催

PICK UP

NEWS記事一覧へ