MENU

Twitter Facebook YouTube peatix

NEWS

array(3) { [0]=> object(WP_Term)#9393 (11) { ["term_id"]=> int(14) ["name"]=> string(36) "オンライン営業・プレゼン" ["slug"]=> string(108) "%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%96%b6%e6%a5%ad%e3%83%bb%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(14) ["taxonomy"]=> string(8) "post_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(2) "10" } [1]=> object(WP_Term)#9392 (11) { ["term_id"]=> int(16) ["name"]=> string(36) "伝わるプレゼンアカデミー" ["slug"]=> string(20) "presentation_academy" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(16) ["taxonomy"]=> string(8) "post_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(2) "16" } [2]=> object(WP_Term)#9394 (11) { ["term_id"]=> int(13) ["name"]=> string(6) "動画" ["slug"]=> string(18) "%e5%8b%95%e7%94%bb" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(13) ["taxonomy"]=> string(8) "post_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(2) "17" } }

プレゼンでのスマートな話し方テクニック 超初級編

2020.12.15|伝わるプレゼンの法則

オンライン営業・プレゼン 伝わるプレゼンアカデミー 動画

プレゼンでのスマートな話し方テクニック 超初級編

プレゼンやオンライン営業、ウェビナーで、ついつい「えー」とか「あのー」と言ってしまう方、意外と多いですよね。何度も発言するうちに、聞き手の集中力を削いでしまうこの発言、実はなくすコツがあります。話し方トレーナーの桜野友佳・櫻井飛鳥がそのちょっとしたコツをお教えします。

プレゼン中の「えー」「あのー」はノイズです!

櫻井

MOVED話し方トレーナーの櫻井飛鳥です。

桜野
桜野

同じく、MOVED話し方トレーナーの桜野友佳です。

桜野
桜野

あすかさん、プレゼンで「えー」とか「あのー」って言っている方を見たことありますか?

櫻井

あります。1度や2度だとあまり気になりませんが、何度も言っている人は気になっちゃいます。あまりに多いとプレゼンで伝えたいメッセージが弱くなってしまったりしますよね。

桜野
桜野

次に発言する内容を考えていたり、間を作りたくない、と思うと、つい出ちゃう方もおられると思います。でも、話す前に「えー」と何度も言われると、観客は内容だけでなく、そっちにも意識が向いてしまうんですよね。

櫻井

そうですね。この「えー」とか「あのー」って意味はないのですが、言うことで自分のリズムを整えることができたり、次何話そう? って考える時間を作っていたり。でも、それは自分のためであって、観客のためではないですよね。

桜野
桜野

そうなんですよね。やはり、聞いてくださる相手のためにプレゼンしたいですよね。

「えー」とか「あー」をなくすコツ

桜野
桜野

私も自分の間を整えたくなったり、次なんだっけと思うことはありますが、そういうときは、「何も話さない」ことにしています。相手にとって必要な情報だけをしっかり届けるなら、こういう間があってもいいと思っています。

櫻井

私はですね、魔法の言葉「さて、」「さぁ、」をよく使います。

櫻井

これ、「えー」とか「あー」に入れたいところに、「さて、今日は」「さぁ、今日は」と入れると、不思議と観客の集中が途切れるんじゃなくて、こちらにパッと向くようになるので、次の言葉を期待してもらえたりします。間をつなぎつつも、いい効果が得られる魔法の言葉だと思っています。

まとめ

桜野
桜野

今日のおさらいです。話すことをしっかり整理して、スマートなプレゼンを意識しましょう。

櫻井

オープニングからエンディングまで、観客の気持ちをエスコートする気持ちが大切です。

桜野
桜野

みなさんの想い、まっすぐ観客に届きますように。

櫻井

伝プレアカデミー、今日はここまで!

桜野
桜野

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

▼動画でのご視聴はこちらから

INFORMATION

【記事製作者】

MOVED編集部

【この製作者の記事を見る】

記事一覧

【関連タグ】

オンライン営業・プレゼン 伝わるプレゼンアカデミー 動画

SHARE!

前の記事へ

プレゼンで観客が聴きやすい、話すスピードと適切な文字数

次の記事へ

年末年始の営業について

PICK UP

NEWS記事一覧へ