MENU

NEWS

プレゼンテーション研修~成功のポイントと実践的アプローチ~

2023.12.28|つたわるプレゼン

プレゼンテーション研修~成功のポイントと実践的アプローチ~

プレゼンテーション力を高めることは、現代のビジネス環境において不可欠となっています。
分かりやすく魅力的なプレゼンテーションを行うことで、その分野におけるプロフェッショナルなイメージを構築し、取引先やクライアントに信頼を与えます。また、プレゼンスキルを身に付けることで、チーム内での情報共有やアイディアの発信を容易にし、コラボレーションを促進します。メンバーとの円滑なコミュニケーションへと繋がり、プロジェクトや案件において、成功へと導くことができるでしょう。

プレゼンテーションは、取引先との商談、社内のコミュニケーションなどあらゆる場面で必要とされます。昨今では「プレゼンテーション研修」を導入する企業が増えてきています。プレゼンテーション研修は個人や組織の成功に不可欠なスキルを身につけ、ビジネス環境での競争力を高める手段となっています。

今回は、プレゼンテーション研修はなぜ必要であるのか、具体的な研修内容、社内実施と社外実施の比較、プレゼンテーション研修を成功に導くポイントについてご紹介します。

プレゼンテーション研修の重要性とメリット

プレゼンテーション研修を実施することでどのようなメリットがあるのでしょうか。
従業員がプレゼンテーションスキルを身につけることで、外部のステークホルダーやクライアントとのコミュニケーションがよりスムーズになります。魅力的で分かりやすいプレゼンテーションを行えるようになると、クライアントとの信頼関係が築きやすくなります。プロジェクトや提案内容が相手に理解されやすくなり、信頼へと繋がります。併せて、提案やプロジェクトの成功確率が高まることとなり、ビジネスの成果や利益が向上します。

また、プレゼンテーションスキルが向上することで、社内のコミュニケーションもスムーズになります。部門間やプロジェクトメンバー間の情報共有がスムーズに行われ、協力関係が強化されます。プレゼンテーション研修はリーダーシップの発展にも寄与します。従業員がリーダーシップポジションにおいて自信を持ってプレゼンテーションできるようになれば、指導力向上へもつながるでしょう。

プレゼンテーション研修を実施することで、企業・組織として、外部とのコミュニケーション能力の向上や内部の協力関係の強化など、多岐にわたるメリットを受けることができます。

プレゼンテーション研修とは何を行うのか

プレゼンテーション研修は、コミュニケーションスキルを向上させ、効果的なプレゼンテーションを行うための包括的なトレーニングです。基本的なスキルの取得から、プレゼンテーションツールの活用、コミュニケーションスキルの向上、実践とフィードバックまで、幅広い内容が含まれています。プレゼンテーション研修を通じて、参加者は自信を持ち、魅力的なプレゼンターに成長することが期待されます。

研修においては座学だけでなく、参加者が実際にプレゼンテーションを行い、その後のフィードバックやディスカッションを通じてスキルを向上させることが重要です。プレゼンテーション研修の内容は、プログラムやトレーニングを受ける参加者のスキルレベルによって異なります。研修は基本的なスキルから高度な技術まで、段階的な研修内容を構築し、参加者のレベルやニーズに合わせて内容を調整することが必要です。

以下いくつか具体的にプレゼンテーション研修の一例を挙げています。課題や参加者のレベルに合わせて、研修内容を組み立てます。

〇基本的なプレゼンテーションスキルの取得

1.プレゼンテーションの目的とプレゼンテーション構造の理解
参加者に対して、プレゼンテーションがなぜ重要であるか、プレゼンテーションの目的と流れ・構造について理解を促します。メッセージの伝え方やプレゼンテーションのフローに重点を置きます。

2.情報の整理、相手に理解されるメッセージの構築
プレゼンテーションが伝わりやすくなるよう、情報を整理し、分かりやすいメッセージを構築するトレーニングが行われます。適切な言葉の選択やストーリーテリングの技術が含まれます。

3.ターゲットオーディエンスの理解
参加者は、プレゼンテーションの聞き手を理解する重要性を学びます。オーディエンスの背景や相手に促したい行動に合わせてプレゼンテーションを調整するスキルを養います。

〇オンラインプレゼンテーションのスキル

現代のビジネス環境ではオンラインプレゼンテーションも選択肢として一般的になってきました。Web会議ツールの活用やリモートでの効果的なコミュニケーションスキルの向上を重視します。
オンライン環境でのプレゼンテーションに適したツールの選定や使い方、リモートプレゼンテーションのための技術的なスキルを磨きます。また、画面越しでもよりよいコミュニケーションを築くためのスキルを養います。オンライン環境でのディスカッションや質疑応答において、円滑なコミュニケーションができるようにトレーニングします。

〇コミュニケーションスキルの向上

1.声の使い方と表現力の向上
声のトーンやリズム、表現力を駆使して聞き手をプレゼンに引き込む方法を学びます。自信を持って自分の意見やアイディアを伝えるスキルが育まれます。

2.聞き手への対応力
プレゼンテーション後の質疑応答セッションに備え、適切な対応やフォローアップの方法をトレーニングします。聞き手との対話を円滑に進めるスキルを強化します。

〇 実践とフィードバック

1.実践的な演習
実際のシナリオやケーススタディをもとにプレゼンテーションの実践的な演習を行います。

2.フィードバックセッション
実施したプレゼンテーションに対するフィードバックを行います。他の参加者やトレーナーからの意見を通じて、改善の余地を明確にし、成長を促します。

〇 効果的なストレス管理

1. 緊張の克服
プレゼンテーションにおける緊張感や不安を管理する方法に焦点を当てます。自己コントロールやリラクゼーションテクニックを学び、聞き手の前で話す自信をつけます。

2.緊急時の対応策
予期せぬ状況に対応するための対応策やアドバイスが提供されます。トラブルが発生した際の冷静な対処法のトレーニングが行われます。

―――――
プレゼンテーション研修の終了後には、実際のプレゼンテーションでどれだけ成長したかを定量的・定性的に評価し、フィードバックを提供することも大切です。改善点や今後トレーニングで重視すべき点も振り返ります。他の参加者やトレーナーによるフィードバックをもとに、今後のプレゼンテーションの質を向上させるための変更・調整を行います。

プレゼンテーション研修、社内実施と社外実施、どちらがいいのか

プレゼンテーション研修は、従業員や組織全体がコミュニケーションスキルを向上させ、プレゼンテーションを行う能力を磨くために不可欠です。研修を実施する方法には、社内で行う内製研修と、外部の専門機関やコンサルタントに委託して行う外部研修の2つのパターンがあります。それぞれの特徴やメリット、デメリットを比較してみましょう。

プレゼン研修は社内実施と社外実施どちらがいいのか

1.社内実施のメリット

・カスタマイズ性が高い
社内で行う場合には、組織のニーズに合わせてカスタマイズしやすいというメリットがあります。業界や組織の独自の文化や要件に即した内容に調整できます。

内部コミュニケーション強化
社内で研修を実施する場合には講師も受け手も社内メンバーとなります。同じ組織内での学びが深まり、協力や連携を促進することに繋がります。

コスト低く実施が可能
外部トレーナーの経費や施設の費用を最小限に抑えることができます。

組織の独自の事例を活用
組織独自の事例やプロセスを研修内容に織り交ぜることができます。具体的でリアルな状況に即したトレーニングが可能です。

2. 社内実施のデメリット

・知識や経験の不足
社内研修は、組織内の人員やその能力に依存しています。特定のトピックやスキルにおいて、知識や経験が不足している可能性があります。

特定の視点への偏り
社内研修になると、組織内での特定の信念や慣習、文化の影響を受ける可能性が高まります。新しいアイディアやアプローチ、変化や異なる視点を研修に採り入れることが難しくなりがちです。組織内の視点が主体となり、他の業界や客観的な視点が欠如する可能性があります。

3.外部実施のメリット

・専門性と質の高いトレーニング
外部のトレーニング講師は、専門的かつ幅広い経験を有しています。高度な専門知識やトレーニングの質を期待できます。

・新しい視点とアプローチ
外部トレーナーは他の組織や競合他社のベストプラクティスを知っています。新しい視点やアプローチを取り入れることで、従業員はより広い視野でプレゼンテーションスキルを向上させることができます。

・最適な研修の選択が可能
オンラインやリモート形式でのプレゼン研修を行っている場合も多く、受講者は自分の都合や場所に合わせて受講できます。また、参加者の目的やレベルに合わせた研修を選ぶことも可能となり、本来組織として求めている参加者のプレゼンテーションスキルの向上に繋げることができます。

・他の参加者から得る刺激・知識
オープンで参加を募集している研修の場合、他の組織からの参加者と研修を受けることも。異なるバックグラウンドや経験を共有することで、新しいアイディアや洞察を得る機会となります。

4.外部実施のデメリット

・コストが増える
外部トレーニングプログラムは、通常、内部で行う研修よりもコストが高くなる傾向があります。

・トレーニング内容がニーズにマッチしない
一般的な外部トレーニングプログラムは、様々な組織や業界に適用されるように設計されています。そのため、特定の組織や参加者のニーズに完全にマッチしない可能性があります。

・研修後のフォローアップ
外部研修で得た知識やスキルが、研修後に現場で実践に移されないまま終わる可能性があります。フォローアッププランを策定し、適切なサポートを提供、実務での成果を最大化するための取り組みが別途必要です。

5.どちらを選ぶべきか?

組織の目的やニーズによって、社内実施か外部実施かを選択します。例えば、ある特定の社内ニーズに対応するだけであれば、社内でプレゼンテーションを企画・実施する方がいいのかもしれません。
両者を組み合わせることも一つの選択肢です。社内で基本的なスキルを構築し、外部で専門的なトピックやスキルを磨くというように、バランスを取ることで、最適な結果が得られる場合もあります。
どちらの方法を選んだ場合でも、研修終了後の評価、そしてフォローアップが重要です。成果や効果を定量的・定性的に評価し、必要に応じて継続的なトレーニングや改善を行います。

プレゼンテーション研修を成功させるポイント

プレゼンテーション研修を成功に導くには、どのようなポイントを重視すればいいのでしょうか。

1. 参加者のニーズを把握する

プレゼンテーション研修を成功に導くためには、参加者それぞれのスキル、経験、およびニーズを理解することが重要です。参加者の事前ヒアリングを実施し、プレゼンテーションスキルの現状を把握します。トレーニングプログラムの設計、効果的なトピックを選定する基盤となります。

2. 実践とフィードバック

プレゼンテーションスキルの向上には、理論だけでなく実践が欠かせません。また、実践とフィードバックのサイクルを繰り返すことで、継続的な成長を促進します。プレゼンテーション研修の途中においてもフィードバックを受けることで、参加者は自身の成長を把握し、必要に応じて調整や改善を行うことができます。

模擬プレゼンテーションセッションも効果的です。参加者は実際に近い形で、聞き手の前でプレゼンテーションを行い、リアルな状況に近い経験を積むことができます。実施後には、講師(トレーナー)が一対一で参加者と対話し、具体的なスキルの向上を支援することも大切です。

3.学習機会の提供

参加者の学習をサポートするために、教材や事例等を提供することも必要です。テンプレートや実際の成功事例などの教材を用意します。また、プレゼンテーションの能力向上につながる情報へのアクセスや情報共有がスムーズであることも重要です。

まとめ:プレゼンテーション研修について目的・内容を考える

研修実施の目的や内容をしっかり考える必要性

今回は、プレゼンテーション研修の重要性、具体的な研修内容、社内実施と社外実施の比較、プレゼンテーション研修を成功に導くポイントについて詳しく説明しました。 ビジネスにおいて様々なシーンで必要となるプレゼンテーションのスキル。企業として取り入れるべきプレゼンテーション研修、そして研修実施の目的や内容をしっかり考えなくてはいけません。

MOVEDが提供する「企業プレゼン研修プレッツ」では、1⼈ひとりの個性を引き出すことを大切にしており、全員に画⼀的に研修を⾏うのではなく、1⼈ひとりに個別フィードバックします。 また、座学だけでなく、実践を重視し、事前課題そして研修の最後には発表会も行います。 講師陣は専⾨知識を持ったプレゼンテーションのエキスパート、参加者みなさんの個性や強みを掛け合わせ、1人ひとりの個性を“最大限に”引き出すプレゼンテーションを創り上げます。

INFORMATION

【記事製作者】

鈴木未紗

【この製作者の記事を見る】

記事一覧

SHARE!

前の記事へ

プレゼンテーション本来の目的とは~相手の行動を促す~

次の記事へ

”MOVED MeetUp 2023” 4時間全7セッションを駆け足で振り返る!

PICK UP

NEWS記事一覧へ